葬儀は斎場で行わないといけないわけではない

葬儀は斎場で行うことが常識のようになっていますが、決められているわけではありません。
葬儀の場所を決めるときは、斎場以外の場所も視野に入れましょう。
決めるときに考慮したいのは、集まりやすい場所であること、参列者の人数や費用などです。
昔は斎場の情報は一般人では手に入れにくく、葬儀社の担当者に聞くぐらいしかありませんでした。
現在は、インターネットが普及したこともあって、手軽にたくさんの情報を入手できます。
斎場以外で葬儀を行う場合、どのような場所があるのでしょうか。
かつては、葬儀は自宅で行うのが普通でした。
斎場がなかったので選択肢がなかったからです。
自宅だと片付けが大変、近隣に気を使うなどのデメリットがあります。
しかし、会場費は1円もかかりません。
デメリットよりもメリットの方が大きいと考える人も多いです。
公民館でも葬儀はできます。
使用料はかなりリーズナブルなので、自宅が狭い人は検討してみましょう。