葬式に参列する際の服装のマナー

葬式に参列することはそう頻繁にはないので、いざとなればマナーがわからなくて困ることも多いのではないでしょうか。
その際にまず気をつけなくてはならないのが身だしなみです。
葬式には喪服を着用して行く必要がありますが、一口に喪服と言っても、着物やスーツなど様々です。
喪服は礼装の一つであり礼装と同様に格式があるので、少しでも格式の高いものを着て行った方が良いのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。
しかし弔事の場面や着る人の立場によって着用すべきものが違ってくることは頭に置いておかなくてはなりません。
遺族よりも格式の高い喪服を着用して行くことはマナー違反に当たることであり、遺族に恥をかかせてしまうことになります。
参列する際には、親戚なのか友人なのかなど立場によって使い分けるようにする必要があるということは確かです。
何を着て行って問題がないということではないので、事前によく確認しておくようにしましょう。